社長ブログ

SDGsについて

このブログをご覧になっている方々は、「SDGs」という言葉について、聞いたことがあるだけでなく、その内容や取り組みまでよくご存じの方も多くいらっしゃるように思う。


SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、「エス・ディー・ジーズ」と読む。


気候変動やグローバル化に伴って深刻化する様々な社会課題を解決しなければ、地球に未来はないという危機感のもと、2015年9月に、国連193か国の全ての加盟国の合意によって採択された。


SDGsでは、人類の未来を変えるために取り組むべき17分野が設定されており、2030年までに達成する目標が定められている。


その具体的な17分野の目標は以下の通り。


①貧困をなくそう
②飢餓をゼロに
③すべての人に健康と福祉を
④質の高い教育をみんなに
⑤ジェンダー平等を実現しよう
⑥安全な水とトイレを世界中に
⑦エネルギーをみんなにそしてクリーンに
⑧働きがいも経済成長も
⑨産業と技術革新の基盤をつくろう
⑩人や国の不平等をなくそう
⑪住み続けられるまちづくりを
⑫つくる責任つかう責任
⑬気候変動に具体的な対策を
⑭海の豊かさを守ろう
⑮陸の豊かさも守ろう
⑯平和と公正をすべての人に
⑰パートナーシップで目標を達成しよう


こうした国際社会の動きを受けて、わが国でも、2016年に「SDGs推進本部」が設置された。その後、行政や民間企業・団体、NGOなど、様々なステークホルダーが、SDGsの推進に向けて取り組んでいる。


Sustainable Development Solutions Network(持続可能な開発ソリューション・ネットワーク)が2019年6月に公開した「2019年版SDGsインデックス&ダッシュボード」では、日本のSDGsの達成状況は162か国中15位(100点中78.9点)と比較的上位のランクとなっている。
しかしながら、17すべての目標を達成できる見込みの国はなく、今回上位にランキングされている、1位デンマーク、2位スウェーデン、3位フィンランドでさえも、2030年までの達成は難しいといわれている。


地球規模の課題というのは、壮大すぎて、あまりピンとこないかもしれない。しかし、今の時代を生きる地球市民の一員として、会社としても個人としても、意識を持って毎日を過ごすことは、大きな価値がある。


小さなことからでよい。
まずは職場や学校、地域等の課題に関心を持ち、行動を起こすことで、たった一人の力でも大きな地球課題の解決へとつながっていくのではないだろうか。


わが恩師の日本平和学会会長の故・馬場伸也は、「Think Globally, Act Locally」(地球規模で考え、草の根レベルで行動しよう)と常に言っていた。
今では使い古された感のある言葉ではあるが、日々実行するのは容易ではない。
常に心して、頑張っていこうと思う。

一覧に戻る

ページの先頭へ