• HOME
  • 代表者のご挨拶

代表者のご挨拶

私たちは、いわゆる「コンサルティングサービス」を提供する会社です。
しかし、「コンサルティング」という言葉だけでは語れない価値を提供したいと考えています。

新谷 聡美あなたは、そして、今の世の中は、30年前に較べて、幸せになりましたか?
もし「便利になりましたか?」という質問ならば、おそらく全員が「はい」と答えるであろう現代社会。情報通信革命などの急速な展開が、世界の経済や社会を 大きく変えつつある現代においても、本当の豊かさを提供する経営、本当の豊かさを感じる生活、を行うことは、容易なことではありません。

経済至上主義の名のもとに、ともすれば、行き過ぎの効率化や不必要な合理化が行われる時代ですが、理念ある経営や真のお客様満足意識という、本物の企業文化が廃れてしまうのは、大変残念なことです。

本当の幸せ、本当の豊かさ、本当の効果的・効率的な経営のためには、情報は不可欠です。日頃は気づかないアイデアや、わからなかった課題、普段とは 異なる角度からの改善案、その場しのぎではない継続した仕組みなど、大切なことはたくさんあります。働く人々の能力をもっと活かすための改革や、今までに はなかったお客様サービスのシステムなど、取り組むべきことも、いろいろとあるでしょう。

私たちが提供できるものは、情報という形のソリューション ―― 決して、形のあるモノではありません。
形こそありませんが、本当の課題解決が提供できるように、常に考え続けています。
見せかけだけの企画書やカタカナ語で誤魔化した提案、トークのうまさで煙に巻く研修などは、私たちには無縁です。

経営というものは、本来、事業活動を通じて、社会に豊かさや幸せを増やしていくことのはず。私たちは、こうした理念を持つ、意欲ある企業や人々を応援したいと思っています。

私たちは、大きな組織ではありません。ですが、お役にたてる自信はあります。
ぜひ、私たちを試してみてください。

新谷 聡美



代表者プロフィール

大阪大学法学部卒業後、大阪大学大学院法学研究科(公法学専攻)中退(担当教授死去のため)。 平成7年に中小企業診断士(商業部門)の資格を取得し、平成8年1月、大阪市中央区に、弊社の前身である、コンサルティング事務所「ブレインファーム」を設立。大阪市特別診断員(当時女性初・最年少)や大阪市創業支援センター「あきないえーど」サポート相談員として活躍。

その後、コンサルティング・ファームに入社してマネジメント・コンサルタントとして経験を積んだ後に、再度独立。増資して、現在の「株式会社ブレインファーム」に組織変更した後、(社)中小企業診断協会の理事や経済産業省後援「ドリームゲート」プロジェクトのディレクターなどを経て、平成16年より東京オフィスを開設。現在、全国を対象にコンサルティング活動を展開している。

特に、指定管理者応募支援コンサルティングでは、文化施設、生涯学習施設、スポーツ施設、公園、公営住宅、駐車・駐輪場、社会基盤施設、社会福祉施設など、北海道から九州まで多種多様な施設について、幅広くサポートしており、100施設を超える選定獲得実績を有する。

その他、指定管理者制度の活用や応募に関する講演、執筆、自治体主催セミナーをはじめ、PFI応募支援、公の施設の利用者調査や第三者評価、民間企業とのネットワークを活かしたコンソ組成支援、外郭団体の経営改善コンサルティングなど、PPP領域に関する幅広いテーマでコンサルティング活動を行っている。

ページの先頭へ