教育研修・人材開発

教育研修

指定管理者制度セミナー

  • 指定管理者制度セミナーメニュー

    ●初めての指定管理者制度~制度と準備の基本習得講座
    ●【現管理団体対象】次回公募に勝ち抜くための「戦略立案」 講座

  • 初めての指定管理者制度~制度と準備の基本習得講座

    初めて指定管理者制度に取り組む企業・団体を対象に、制度の概要から全国的な公募状況、応募準備に必要な事項、一般的な審査方法と選定基準など、基本事項を一通り説明する入門講座です。
    指定管理者制度にどう取り組むかを検討中の企業から、新たに指定管理者制度の担当部門に配属された方まで、指定管理に関する基礎知識を集中的に習得いただくのに役立ちます。


    ・スクール講義方式(社内研修としての設営)
    ・講義時間:3時間  (終了後30分程度の質疑応答)
    ・テキスト:原稿をお渡ししますので、受講者分のコピーのお手配をお願いします


    <カリキュラム例>
     1.指定管理者制度の基礎知識
     2.一般的な審査方法と選定の基準
     3.実際の公募準備に向けて


    ↑TOPに戻る

  • 【現管理団体対象】次回公募に勝ち抜くための「戦略立案」 講座

    公募が導入される現管理団体向けのセミナーです。
    今年または来年に公募を迎える予定のため、参入団体との競合が予想される場合に、
    「どのような意識で、どのような対応策を講じることが望まれるのか」について解説し、
    公募に勝つための対策を考える視点を持っていただくためのセミナーです。


    単なる「危機意識を持とう」といった形式論ではなく、
    「新規に参入してくる団体なら、こういう提案を行うことが予想されるので、こういった対策をしよう」といった、
    指定管理者制度の公募対策に重点をおいた講座です。


    そのため、公募までの準備事項や取組手順など、具体的な施策を考える視点が養えます。
    基本的に一団体で実施しますので、「職員全員の意識啓発セミナーとして行いたい」というご利用も可能です。


    定員は2名~30名程度。団体単位でお申し込みください。
    (コンソーシアムでのエントリー希望の場合など、複数団体が集まっての受講も可能です。
    定員を上回る場合は、あらかじめご相談ください)


    ・スクール講義方式
    ・標準講義時間:3時間
    ・開催日時:ご相談の上で決定


    <カリキュラム例> ※各団体に合わせてのカスタマイズも可能です。
     1.「負けパターン」から学ぶ防衛戦略
     2.現管理団体としての強みと弱み
     3.新規参入団体はどのような提案を行うのか
     4.次回公募時までの準備事項とは
     5.質疑応答


    ※受講料はお問い合わせください。
    ※開催場所は基本的に貴団体内部の会議室となります。
     東京・大阪圏内より遠隔地での開催をご希望の場合は、別途出張料金を申し受けます)


    ※この講座は、あくまでも戦略的に公募対策に取り組むための視点を養う講座となります。
    具体的な経営改善計画を作成し、公募までの実施施策一覧表等を作り上げる演習方式の講座(「公募で勝ち抜く中期経営計画作成のための実践講座」)をご希望の場合は、別途ご相談ください。


    ※すでに、同一施設に対してエントリーを希望する民間企業のご相談にのっている場合等は、道義上、当該セミナーをお引き受けすることはできません。悪しからずご了承くださいませ。


    ↑TOPに戻る

一覧に戻る

ページの先頭へ